おうちごはん+独り言 B食論

旬の肴と美酒

投稿日:2007年1月26日 更新日:

「ほろ酔いでみる夢」 lyrics by Puyo(笑)

とある日の仕事あがり。
遅い夕めしの買い出し。
たまには刺身もいいかなと、
脂の乗ったバチ(※)をさくで買う。

流石にこれでは寂しかろうと、
目についた鯛と筍を足す。

やや、之は偶然、旬が揃った。
肴が立つなら美酒が欲しい。
それが呑兵衛、いや人情というもの。
長岡の碧壽ならば申しぶんない。

早速帰って肴を並べる。
家の包丁は刺身の角を丸くしたが、気にしない。

薄曇りの緑瓶から徳利に。
徳利から御猪口に。
満たした御猪口を口に運んで良し、乾杯!

20070126042951

嗚呼美味しい、嗚呼美味しい!

次から次へと染み入るように進む。
湧水のような滑らかさ。
引き立て合う美酒と旬の味。

ほろ酔い。(夢)
でもって、良い酒はすぐ無くなる…。(現実)

 

↑相当酔っぱらって書いた詩。
※バチ…メバチマグロのここら辺での呼び名。

-おうちごはん+独り言, B食論

Copyright© PuyoPuyo美食道〜東北編〜 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.