仙台市宮城野区 宮城県

morisoba nicro (モリソバ ニクロ)

投稿日:2009年10月20日 更新日:

20091020235945
10/20(火)にオープンした盛り蕎麦専門店「nicro」さんです。
このお店はラーメン屋「くろく」さんの2号店という位置づけみたいです。
くろくの2号店で“ニクロ”ね…。
記念すべき(?)最初の注文は「もりそば(LL)」です。
800円なり。
LLサイズは麺が400gらしいです。
お店をぱっと見た感じ虎ノ門の「港屋」のような雰囲気なので、勝手に“盛りっぷり”に期待してしまいます。
(^ω^;)
ちなみにサイズは同じ料金のままで「S・M・L」から選べます。
「LL」のみプラス100円でした。
注文のスタイルは食券制です。
入り口にある券売機で食券を買い、厨房前のカウンターに出してサイズを告げ、出てきた商品を立ち食いカウンターに持って行って食べます。
立ち食いオンリーなので、イスはありません。
お水はセルフサービスです。
厨房カウンターにある「生玉子」は取り放題みたいでした。
立ち食いカウンターにあるポットには、蕎麦湯ならぬ「ジャスミン茶」が入っています。
そばを食べ終えた後は、その熱いジャスミン茶でタレを割っていただくのがおすすめみたいです。
さて「もりそば」ですが、刻み海苔が沢山のっているのが印象的です。
麺はやや細目です。しっかりした食感と香りです。
十割なのかな?
インパクトがあったのはつけダレ。
ガツンとしょっぱくてダシも強いです。
量は足りないかも。
途中からは生たまごを割り入れて食べます。
これはウチでよくやってるので好きなスタイルです♪
最後のジャスミン茶割りも悪くないです。
でもやっぱり量が足りなく感じてしまった…。もしや私だけ??
さて、とりあえずの感想。
つけダレの器が小さくて食べづらいかな。
他の温かいつけダレ用のは少し大きいようなのでそちらを使えばよろし。
盛りは普通でした。
全体的に価格が高いので、味で勝負をしていくとしても、立ち食いというスタイルでどこらへんをターゲット層としていくのか、今後の経営課題でしょうね。
いずれにしても仙台では珍しいジャンルのお店なので、これからが楽しみです!(近いしね)
ごちそうさまでした~☆
(´∀`)

関連ランキング:つけ麺 | 仙台駅あおば通駅榴ケ岡駅

-仙台市宮城野区, 宮城県

Copyright© PuyoPuyo美食道〜東北編〜 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.